美文字についてのまとめ情報なら、美文字図書館.comがおすすめです。

2013年6月に放送された世界一受けたい授業。

世界一受けたい授業

書の達人武田双雲先生が招かれ、字のヘタな人を
三週間できれいな字に直すポイントを伝授してくれました。

武田先生のいう「輝き文字」とはどういうものなのか?

その練習方法は?調べてみました!

武田双雲

○プロフィール
1975年 熊本県生まれ
東京理科大学理工学部卒業
書道家である母、武田双葉に三歳の頃から師事

書道家として独立した武田先生は、彫刻家、音楽家など

 
さまざまなアーティストとコラボレーション。

個展や斬新なアイディアで書道を広めてきました。

2009年にNHKにて放送された大河ドラマ「天地人」の
題字を書いたのも武田先生でした。

書くときのポイント

・500円玉を人差し指の付け根におき、落とさないようにしながら字を書く
→丸字などクセ字になってしまう人の特徴は、線にメリハリがないこと。

これを直すためには、500円玉を落とさないように力を使う必要があります。
慣れると無駄な力が抜け、きれいな字が書けるようになります。

ちなみにこれ、バランスをとれればOKなので、
500円玉でなくても大丈夫です。

 

・丁寧に書く
→トン・イチ・スーというリズムを覚えること。

トンで始点を、イチで一呼吸。
そしてスーっと線を引きます。

 

・行雲流水の四つの文字を練習する
この四つの文字の中には止め、ハネ、払いの全てが
含まれているのでいい練習になります。

マスターすれば他の字でも一気にうまく書けるように。

行雲流水は仏教用語で「物事に固執せず自然の成り行きに任せる」という意味。

実際に効果はあったのか

番組内で上のポイントを実践したのはDaiGoさんとあき竹城さん。

DaiGoさんは完全な丸字。

あき竹城さんは全体的にはきれいなものの、
バランスが悪く雑なのがもったいない、とのことでした。

 

そこで

①500円玉を人差し指の付け根において書く 
②心の中でトン・イチ・スーのリズムを意識しながら書く 
③文字に必要なとめ、はね、はらいが入っている行雲流水の文字を練習する 

の三つを三週間続けたところ、あき竹城とDaiGoの文字はきれいに改善。

 
ごるむも線のクオリティも劇的によくなり、会場には驚きの声が上がりました。

 

ネットでも字がうまくなった二人を大絶賛する声が。

 

美しい文字を書きたいと願う人もさることながら、
字のきれいな人が好きという声も多く聞かれました。

気にしていないようでも、普段から自分の字は
見られているということですよね。

 

そこできれいな字が書ければ素敵だと思いませんか?

 

「輝き文字」のポイントは簡単に出来るものばかり。
実践してぜひ美文字を手に入れましょう!