綺麗な文字を書くための練習で美文字に!

テレビ番組などでよく耳にするようになった美文字。

書道やペン字、硬筆など種類はさまざまですが、
使うものが何であれ「キレイな文字」というのは
男女問わず身につけておきたいもの。

美文字練習

今回はその美文字になるために使える美文字グッズをご紹介します!

美文字だと得なこと

字がきれいというだけでその人の好感度はなんとなく上がりますよね。

 

美文字だと生活にはどんな影響があるのでしょうか?

 

最近はパソコンの発達に伴って手書きで何かを書く、
という動作は少なくなってきました。

とはいえ名前を書いたりサインをしたり、
特に大事な場面では手書きで文字を書きますよね。

そんな時汚い字の人よりもきれいな字の人のほうが信頼できる気がしませんか?

外見にいくら気を使っていても、
字を書いただけで内面が不当に評価されることも・・

 

もったいない!

いざというときのたしなみとして美文字を習得しておくといいでしょう。

ただしそんなに気張る必要はありませんよ。
要するに相手に誠意が伝わればいいのです。

バランスのとれていない文字でも、丁寧に書かれたものと適当にかかれたものでは
その人の性格が疑われてしまうのも仕方ありません。

 

まずは姿勢、ペンの持ち方、できるだけゆっくりと丁寧に、
あとは黒ペンでしっかりとした線で書くこと。

これらを気をつけるだけでもだいぶ印象が変わります。

グッズ・本

「簡単ルールで一生きれいな字」 富澤敏彦著

NHKから出版されている本。

少し気をつけるだけで抜群の効果を発揮する書き方のコツや、
解説などがDVDつきで見ることができます。

 

「多色ボールペン「スラリ」

ゼブラから出されているボールペン。
四色が一本の中に入っているペンです。

文房具屋などでよく見かけますが、この製品は書きやすさが違う!
なめらかな書き心地で細かい文字もすらすら書きやすいです。

 

呉竹「筆ごこち」

筆だととっつきにくいイメージがありますが、これはサインペンなのです。
筆で書いたような文字に仕上がるすぐれもの。

筆ペンのようなペン先ではなく、フェルトでできているので、
普通のボールペンなどと同じようにすらすら書けちゃいます。

 

「一ヶ月でラクラク 女子力が上がる美文字練習帳」青山浩之著

女子力アップはまず文字から!という宣伝どおり徹底的に美文字を練習できます。

見た目もピンク色でカワイイ!
少しずつ毎日練習して一ヶ月で美文字を目指します。

 

たかが文字、されど文字!文字の美しさはその人のイメージに直結しています。

文字を見てがっかり!なんてことのないように
日頃からしっかりと身に着けておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す